えたくわのクワガタ三昧
幼少の時から憧れていたオオクワガタの他、国内外のコクワガタなどの飼育記
福島産オオクワ羽化が始まりました
割出は7月だったにもかかわらず
すごいスピードで成長してくれちゃった
おいどんさん血統の福島産オオクワガタ。
敢えて書くならWDからのF4ということで
WF4ってとこでしょうか。

2/15にNo.06 ♂が羽化、翌16日にはNo.07 ♀
そして、17日にNo.03 ♂が羽化いたしました。

OIMG_20180216_003917.jpg
No.06 ♂ 2月15日羽化

OIMG_20180218_171557.jpg
No.03 ♂ 2月17日羽化

その他、1月22日にはNo.01 ♂が、
2月11日にはNo.04 ♂が蛹化してますので
福島産は全頭蛹以降の段階に入っています。
早すぎでないかい???


<福島産WF4オオクワ管理表(2017年7月8日割出)>
01 ♂:7/30投入 4.0g →10/9 20.0g →1/22蛹化
02 ♂:7/30投入 2.9g →9/18 17.6g →1/10蛹化
03 ♂:7/30投入 3.6g →10/9 20.6g →1/17蛹化 →2/17羽化
04 ♂:7/30投入 2.5g →10/3 16.4g →1/8 17.7g →2/11蛹化

05 ♀:7/30投入 2.7g →10/9 9.8g →★
06 ♂:7/30投入 2.5g →10/9 18.2g →1/18蛹化 →2/15羽化
07 ♀:7/30投入 2.5g →10/9 11.3g →1/11蛹化 →2/16羽化

※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
なんとか♂♀?山梨産オオクワ F3 ニョロ
昨秋、daichanさんからいただいた
山梨産オオクワ F3ニョロ。
前回ご報告したとおり、
5頭いただいたにもかかわらず、
3頭堕としてしまいました。

残ったニョロも食痕の感じから2♀だと
思っており、絶望感Maxで飼育をしておりました。
そんな♀でも3か月程度たつと菌糸が劣化したり
そこそこの食痕がでたりとなっていましたので
瓶交換実施ずみ。

まずは1月14日に交換したNo.02
DSC06107.jpg
No.02 2018/01/14 11.6g
11.6gなんて、♀確定ですかね。

続いて2月4日に交換したNo.03
DSC06184.jpg
No.03 2018/02/04 15.3g
微妙に大きくなっていて15.3g。
皆さんのところだと♀でもこんなんでしょうけど
うちでは15gを超える♀なんて皆無です。
貴重な♂ですと、かなり嬉しいです。


クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
山形産オオクワWF1 やっぱり瓶交換
クワデリさんからいただいた山形産WDオオクワ♀
持ち腹の仔たちを今シーズンは10ニョロ飼育中。

前回ご報告の際に10頭のうち9頭を2本目に投入し
残1頭は蛹室を作っているからということで
そのまま交換しない旨記載しましたが、
待てど前蛹になる気配なく、菌糸の劣化が進み始めたので
キノコまみれになる前にということで交換実施。

DSC06174.jpg
No.08 ♀ 9.0g

山形産のWF1 ♀ではもうそうそう伸びないので
マットに投入し、1か月ちょい後くらいには
蛹化できるよう頑張ってもらいます。


<山形産WF1オオクワ管理表(2017年9月10日割出)>
01 ♀:9/24投入 1.3g →1/4 7.6g
02 ♀:9/24投入 1.8g →1/8 8.3g
03 ♂:9/24投入 1.5g →12/29 16.8g
04 ♂:9/24投入 1.6g →1/8 16.5g
05 ♀:10/1投入 1.7g →12/29 11.2g
06 ♀:10/1投入 1.0g →1/8 7.2g
07 ♀:10/1投入 0.9g →1/4 7.8g
08 ♀:10/1投入 1.2g →1/27 9.0g
09 ♂:10/1投入 0.8g →12/29 14.8g
10 ♀:10/1投入 0.4g →1/4 9.9g
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
神奈川産オオクワ蛹化の続き
ダメダメと順調が半々となってしまっている
神奈川産オオクワ。

前回ご報告以降、♀の蛹化が続いているので
ご報告。

まずはNo.06 ♀が1月中旬に蛹化
DSC06117.jpg

本日 No.05 ♀が蛹化
DSC06156.jpg

前回は蛹化直後で画像を掲載できなかったNo.03 ♂
DSC06119.jpg
掲載してもよくわかりませんが…。

最後は、1/12に蛹化したNo.02 ♂ですが
マットで蛹化したのですがマットがカラカラで
ちょっと不安を感じたので人工蛹室へ。
DSC06176.jpg
なかなか正面向いてくれないので横向きで失礼。

という感じでNo.06までは順調かな。
多分、No.01も数日中に蛹化するでしょう。

それ以降はおそらく全滅すると思われます。
なんででしょうねぇ???


<神奈川産CBF1オオクワ管理表(2017年6月21日割出)>
01 ♀:7/17投入 6.3g →10/3 9.7g →12/29 9.8g
02 ♂:7/17投入 9.9g →10/3 21.3g →12/23 18.8g →1/12蛹化
03 ♂:7/17投入 10.8g →10/3 21.0g →12/23 19.7g →1/15蛹化
04 ♀:7/17投入 7.8g →10/3 11.5g →12末 蛹化
05 ♀:7/17投入 6.9g →10/3 10.4g →12/29 10.9g →1/27蛹化
06 ♀:7/17投入 8.1g →10/3 10.9g →1/中蛹化
07 ?:7/17投入 2.0g →10/3 5.6g
08 ?:7/25投入 0.8g →★
09 ?:7/25投入 0.9g →10/28 0.9g
10 ?:7/25投入 0.7g →9/24 0.7g →★
11 ?:7/25投入 1.8g →9/24 3.0g →★
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
やっぱり早かった。福島産オオクワ
前回ご報告(1/8)の際に、ペース早いかも
なんてことを記載しましたが、早い早い。
どんどん、蛹化しております。

まずは、1/10にNo.02 ♂が蛹化(画像は後ほど)。

続いて、1/11にNo.07 ♀が蛹化
DSC06110.jpg

その後1/17にNo.03 ♂が蛹化
DSC06115.jpg

最後に1/18にNo.06 ♂が蛹化
DSC06114.jpg

と、物凄い勢いで蛹化しています。
おそらくNo.01 ♂もそう遠くないうちに蛹化でしょう。

そんな中、最初に蛹化したNo.02が何か気になる。
蛹室があまりよく見えないながらも違和感が…。

ということで、掘り出したところ
DSC06123.jpg
あぁ、蛹化不全…。
顎はずれてるし、そんなことよりも
左の羽がひん曲がり、脚も変なことになってます。
残念ですが、やってしまいました。すまん。

原因は何でしょう?
ちょっと菌糸の状態がよくなく、
水分過多な感じになってるなとは思っていたので
そんなのも影響あるのかもしれません。
前蛹で人工蛹室はちょっと苦手なので
躊躇してしまいました。


<福島産WF4オオクワ管理表(2017年7月8日割出)>
01 ♂:7/30投入 4.0g →10/9 20.0g
02 ♂:7/30投入 2.9g →9/18 17.6g →1/10蛹化
03 ♂:7/30投入 3.6g →10/9 20.6g →1/17蛹化

04 ♂:7/30投入 2.5g →10/3 16.4g →1/8 17.7g
05 ♀:7/30投入 2.7g →10/9 9.8g
06 ♂:7/30投入 2.5g →10/9 18.2g →1/18蛹化
07 ♀:7/30投入 2.5g →10/9 11.3g →1/11蛹化

※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ