FC2ブログ
えたくわのクワガタ三昧
幼少の時から憧れていたオオクワガタの他、国内外のコクワガタなどの飼育記
屋久島産ヤクシマコクワ産卵セット投入
屋久島産ヤクシマコクワガタの産卵セットを組みました。
本種は隔年でブリードをしようと思っているので
昨年羽化した親を使ってのセットです。

OIMG_20190303_143335.jpg
かなり立派な約50mmのヤクシマコクワ♂。
が、種親は彼ではなく48mmの♂になります。
残念ながら先日☆になってしまったのですが…。

OIMG_20200913_103239.jpg
 種名:ヤクシマコクワガタ
 学名: Dorcus rectus yakushimaensis
 種親:♂ 48.0 mm WF2 × ♀ 29.0 mm WF2
 産地:鹿児島県屋久島
 時期:2020年9月13日セット
 内容:産卵一番+カワラ材
]
 ※この後ちゃんと転倒防止材とゼリー置いてます

一昨年のセットでは神長さんのグリードSL産卵ケースを
使いましたが、今回はカワラ材が余っていたので
通常セット。失敗見越して用意していたカワラ材が…。

で、セットは組んだのですが、ペアリングをしたかどうか
記憶が定かではない。そんな時は再度ペアリングをして
みればいいのですが、前述の通り♂は☆。

となるとセット組むしかないですよね。
産めばラッキー、ダメならそりゃ仕方ない。

あ、本当は今年はミシマコクワかハチジョウコクワも
セットしないといけない年なんですが、これまた♂が落ちてまして
ペアリングの記憶が定かではない。やったようなやってないような。
こちらも昨年羽化個体なので今年やらなきゃ終了かな。
ミシマはやりたいような、でも、もしも産んだらスペースないような。


<2020シーズン産卵セット結果>
○メリディオナリス(25)・・・2/22set →4/24 11頭
○メタリ(sangirensis)・・・2/22set →5/1 16頭+2エッグ
○フォルスターフタマタ(原名)・・・3/8set →1頭
○フジイスジ・・・3/13set → 4頭
◎パプキン・・・3/24set → 6/12 34頭
◎アローコクワ(lien)・・・3/26set →30頭
○シネンシス(原名)・・・4/1set →6/26 13頭
○フォルスターフタマタ(原名 75*42)・・・4/12set →5/17 1、7/12 1頭
×ビシグナートゥスコクワ・・・4/12set
×モチヅキコクワ・・・4/12set →6/12ボウズ
◎メリディオナリス(22)・・・4/24set →6/12 26頭
×メリアヌスコクワ・・・5/1set →7/11ボウズ
○アローコクワ(lien)・・・5/6set →7/11 10頭+3エッグ
×セグーコクワ ※ベトナム・・・5/9set →7/11ボウズ
×フキヌキコクワ・・・5/11set →7/11ボウズ
○セグーコクワ ※中国・・・5/17set →7/11 4頭
×シネンシス(concolor)・・・5/24set →7/30ボウズ
◎モーレンカンプコクワ・・・5/24set →7/11 15頭+6エッグ
◎スジブトヒラタ・・・5/31set →7/4 24頭
○オオクワ ※山形・・・5/31set →7/18 3頭∔3エッグ
○マンディブラリス ※サバ・・・6/14set →8/1 2頭+8/22 6エッグ
○オニクワ・・・6/15set →7/30確認
○メリアヌスコクワ・・・6/24set → 8/30 4頭
○メリアヌスコクワ No2・・・6/24set → 8/30 6頭
×オオクワ ※神奈川・・・7/6set →8/22 ×
◎ヒマラヤコクワ・・・7/13set → 9/5 32頭
◎モチヅキコクワ・・・7/13set → 8/30 33頭
・シネンシス(concolor)・・・7/30set
・セグーコクワ ※ベトナム・・・7/30set
・セグーコクワ ※中国・・・7/30set
・ダビディスコクワ・・・8/4set
・ヤクシマスジクワ・・・8/4set
・ペイロニスコクワ・・・8/4set
・バージニアコクワ ※ドイサケット・・・8/22set
・モーレンカンプコクワ・・・8/23set
・ヤクシマコクワ・・・9/13set

<予定>
・ネパレンシス ※トゥリスリ ♂★なのでヘルプ探し中
・グラウトコクワ ※起きない!まずいパターン
・サキシマヒラタ ♂★…
・カチンコクワ ※♀★
・トカラノコ ※悪石 チーン



※2016-2017シーズン 8勝21敗3分 成功率28%
※2017-2018シーズン 22勝17敗 成功率56%
※2018-2019シーズン 21勝14敗 成功率60%
※2019-2020シーズン 24勝20敗 成功率55%
※2020-2021シーズン 20勝7敗 成功率74%



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

ちょっと立派な屋久島産ヤクシマコクワ羽化
コクワ好きですが、2018-2019シーズンの国産コクワは
屋久島産ヤクシマコクワと新島産コクワしか
やってないんですよね。
今年、トカラなど頑張る予定です。

で、屋久島産ヤクシマコクワですが、真夏の
猛暑菌糸プリカ常温管理によりそっこー羽化したグループと
一応、ちょっと落ち着いてじっくりと成長したグループが
いるのですが、今回はそれなりに頑張ったグループのご紹介。

OIMG_20190303_143335.jpg
No.06 ヤクシマコクワガタ ♂ 2019年2月初旬羽化

どう?ちょっと立派な感じがしません?
これで約50mmです。
約とつけたのは今は50mm超えてるんですが
しばらくしたら、若干かけて49.*mmとなるだろうから。
まぁ、でも、立派なのには変わりなしということで。


<屋久島産ヤクシマコクワ管理表(2018年5月21日セット)>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

屋久島産ヤクシマコクワ羽化続いてます
今季は小型種メインでブリードしてますが
思いのほかうちでは採れた数が多かったため
管理が杜撰になってしまい
チイサイズでの羽化が続いております。

屋久島産ヤクシマコクワはその辺が顕著で
23頭のうち、すでに14頭が羽化済み。
1頭は★になっているので、残8頭となりました。

で、最近投入していた菌糸プリカ側面に劣化が見られたので
交換してやるかと掘り出したところ
OIMG_20181219_202814.jpg
あぁ、羽化しとるがな…。

ということで、記念撮影。
OIMG_20181222_175938.jpg
ヤクシマコクワガタ (Dorcus rectus yakushimaensis)
No.09 ♂ 43.0mm 2018年12月中旬羽化


こんなんでも今まで羽化した中では一番大きいサイズです。

ちなみに、チイサイズですが、立派な離島産コクワ。
ちょっと赤みがあってかっこいいと個人的には思ってますので
ビートロンさんの委託販売に今まで3ペアほどだして
布教活動にいそしんでおりました。
結果はバッチリ!手の出しやすい破格値で出していたこともあり
出せば売れるという結果に。
離島産コクワ、なかなかイケてますよ?


<屋久島産ヤクシマコクワ管理表(2018年5月21日セット)>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

大失敗のヤクシマコクワ。羽化など状況報告
9月末に第一報として超早期羽化報告をした
屋久島産ヤクシマコクワ。
20頭以上ニョロが採れると管理が雑になり
こんなことになってしまうというダメダメな
パターンですな。
今後は教訓にして、飼育できる頭数だけ残し
クワ友さんに飛ばすなりなんなりしないと。

で、前回に続き羽化報告というか、
その間にも羽化が続いており、現在のところ
羽化数は♂×7頭、♀×6頭。
ちゃんとしたご紹介をしたいところですが
あまりに納得がいかないので汚い画像で
ごめんなさい。
OIMG_20181114_181218.jpg
No.01 ヤクシマコクワガタ ♂ 39.0mm 2018年11月羽化

OIMG_20181114_182245.jpg
No.05 ヤクシマコクワガタ ♂ 36.0mm 2018年11月羽化

今のところ一番大きな♂はNo.19の41.0mm。
通常、だいたい47~8くらいはだすのですが
今季はひどいですね。反省です。

そんな中、まだ蛹室をつくることなく
食っていてくれたニョロもいましたので
瓶交換いたしました。

期待はこいつらでしょうか。
OIMG_20181114_193205.jpg
No.06 ヤクシマコクワガタ ♂ 6.4g 2018年11月14日交換

OIMG_20181114_192748.jpg
No.04 ヤクシマコクワガタ ♂ 5.7g 2018年11月14日交換

菌糸瓶の用意がなかったので
※ビートロンさんで作業してるんだから冷蔵庫から出せばいいだけですが…
栄養フレークマットEXに投入。
もう40半ばいってくれれば御の字です。
とりあえず完品羽化に向けて頑張ってもらいます。


<屋久島産ヤクシマコクワ管理表(2018年5月21日セット)>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

早いっす!屋久島産ヤクシマコクワ
5月21日にグリードSL産卵ケースにて
産卵セットを組んだ屋久島産ヤクシマコクワ。
7月末まで放置し続けてから、7/28に割り出したところ
既報の通り24頭のニョロを得ました。
が、こんなに飼育は無理!ということで
14頭だけビートロンさんの貸し棚にて管理し
残りはとりあえず、プリカにいれて、
しばらくしたらヤフオクにでも出そう
なんて思ってましたが、猛暑であったり、
めんどくさかったりでそのまま放置してました。

で、先日の品川オフ会の後に、ビートロンさんの
棚においてある♀と思われる数頭が
気になったのでみてみました。
というのは、♀っぽかったので500cc瓶に
いれずに120ccプリカのまま放置しており
食痕でいっぱいになったら、200ccプリカに
入れようかななんて思っていたもので…。

確認してみると、3.2~4.1gのニョロが3頭。
4.1gはちょっと大きいですね。小さめ~中くらいの
♂程度の体重ですが、30~35mm程度の♀は
このくらいになることがありますので
♀であることを期待してます。
OIMG_20180928_220651.jpg
No.11 ♀ 4.1g 2018年9月28日

残念ながら3カップ、食痕がでてなかったので
★かと思いながら割り出すと、案の定…。
続いて次も片付けに入ると
OIMG_20180928_221047.jpg
あ、羽化しとる…。
No.12 ♀ 2018年9月羽化

結構しっかり固まっていて、動きまくってるので
もしかしたら結構前に羽化していたのかもしれません。

そして
OIMG_20180928_221223.jpg
No.8 ♀ 2018年9月下旬羽化
こいつは羽化したばかりですね。

これですでに♀が4頭羽化 と素早い動き。
ふと嫌な感じがあったので、翌日(つまり昨日9/29)
自宅においてあるヤクシマコクワのプリカをみてみると

ん?コロンコロン?

優しく優しく掘ってみると
OIMG_20180929_154501.jpg

OIMG_20180929_154657.jpg

OIMG_20180929_154800.jpg

OIMG_20180929_160712.jpg
蛹♂の4連発。そして、もう1♂は超前蛹。
画像忘れましたが、この他に1♀も蛹 と
産卵セット後半年かからず羽化という
超ハイペースで成長してくれていました。
当然ながらサイズは期待できませんが
これでは、500cc瓶にいれてビートロンさんの
棚に置いている♂と思われる7頭も
ヤバいのかもしれない、なんて思っちゃいました。

サイズという点では大失敗ですね。


<屋久島産ヤクシマコクワ管理表(2018年5月21日セット)>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ