FC2ブログ
えたくわのクワガタ三昧
幼少の時から憧れていたオオクワガタの他、国内外のコクワガタなどの飼育記
台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタセット状況
台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタ。
昨年羽化した♂は体長63.0 mmと
BE KUWA飼育レコード63.2 mmにあと少し。
ただい、更新するためには+0.5 mm必要なので
目標は63.7 mm ですね。

ということで、冬を越したペアで5/31に
セットしておりましたが、6/26に餌を食っていた
♀をみるとすでに両前脚の符節がとれている状態で
いや~な感じがしておりました。
この時点でケース底面、側面にエッグ痕やニョロは
まったく見えなかったので終わったなと思い解除。
とりあえず、放置戦法にでておりました。
(ま、いつもの問題の先送りですわね…)

が、8月に入った頃からケース側面にニョロが!

OIMG_20190815_181822.jpg

OIMG_20190815_181837.jpg

結構成長しているのとちっこいのと(画像なし)。
とりあえず、6頭くらいは居そうですので
来週あたり割り出したいと思います。
ヤマダは毎回あまり数とれないんですよね。
レコード更新のために♂が必要なので
10数頭いてもよかったんですが…。

とりあえず、安定した大きさのニョロが6頭みえていたので
結果としては ○ です!
これで12勝5敗の成功率71% !
このくらいでシーズン終われると少しは
いい感じなんですけどね。


<2019シーズン産卵セット結果>
×パプキン(ブルー)・・・2/17set →3/24ボウズ
×フキヌキコクワ(B-on)・・・3/17set →6/16ボウズ
○セグーコクワ(中国)(B-on)・・・3/17set →5/26 7頭
○エレコク(スマトラ)(B-on)・・・3/17set →5/26 5頭
○セグーコクワ(ベトナム)(B-on)・・・4/21set →7/6 4頭
○バージニアコクワ(ドイサッケ)(B-on)・・・4/21set →6/23 8頭
◎ハイチュヌスコクワ(B-on)・・・5/15set →7/20 24頭
◎トカラコクワ・・・5/18set →6/14 8ニョロ+22エッグ
○ダビディスコクワ・・・5/19set →7/13 9エッグ→9頭
◎アカアシ・・・5/26set →7/23 36頭
○パプキン(グリーン)・・・5/28set →7/23 8頭
 ネパールコクワ(B-on)・・・5/31set
◎アローコクワ(B-on)・・・5/31set →7/28 27頭
○ヤマダクワガタ(B-on)・・・5/31set
○エレコク(パラワン)・・・6/2set →8/2 18頭
×ヒマラヤコクワ・・・6/2set →7/28ボウズ
×メリアヌスコクワ・・・6/2set →7/13 ボウズ
△モチヅキコクワ・・・6/11set →7/27 2頭
 ネグレコクワ・・・6/16set
△オオクワ(神奈川)・・・6/16set →8/1 2頭+1
×オオクワ(山形)・・・6/16set・・・7/13 ボウズ
 フキヌキコクワ(B-on)・・・6/19set
 デレリクトゥスコクワ(B-on)・・・7/3set
 トカラノコ・・・7/21set
 ヤクシマコクワ(上甑島)・・・7/21set
 メリアヌスコクワ・・・7/23set
 セグーコクワ(ベトナム) ・・・7/23set
 パプキン(グリーン)・・・7/24set
 モチヅキコクワ・・・7/27set
 オオクワ(神奈川)・・・8/3set

<予定>
 サキシマヒラタ(まだペアリングもしてない)
 ディディエールシカ(そろそろでしょうか?)
 セグーコクワ(中国)
 ヒマラヤコクワ ※今度こそ
 セメノウコクワ(♀へのDV)
 フジイスジクワ(♀★)
 オーベルチュール(♂★)
 プセウダキスコクワ(♀★)


※2016-2017シーズン 8勝21敗3分 成功率28%
※2017-2018シーズン 22勝17敗 成功率56%
※2018-2019シーズン 21勝14敗 成功率60%
※2019-2020シーズン 12勝5敗 成功率71%



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタ産卵セット投入
セットばんばん組んでたんですが
ブログ書くのが面倒で時間がなくて
書けてないんですが、忘れちゃうので
頑張ります。ピッチあげたいよね。

台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタセット組んでます。
OIMG_20190531_202536.jpg
 種名:ヤマダクワガタ (Dorcus yamadai)
 種親:♂ 63.0 mm WF2 × ♀ 40.0 mm WF2
 産地:台湾 新竹縣 尖石産
 時期:2019年5月31日セット
 内容:グリードSL産卵ケース


ヤマダクワガタは飼育レコードは63.2mm。
昨年羽化した最大個体が63.0mm、
その親が62.5mmと着実に近づいているので
今シーズンは更新を狙いたいところですが、
毎回何気にそんなに数を産んでくれなくて
どちらかというと綱渡り系で繋いでます。
今季もセットして2週間たちますが、どうも渋い。

ちなみに、台湾 新竹縣 尖石ってここ。


新竹縣自体の気温はかなり高めですが
ヤマがクワガタは日本のアカアシなどと同様に
高山種ですのでそんなに高い気温は苦手ですので
セットはbeetle onさんの貸し棚に置いてあります(21-22度)。

とりあえず、10~15頭くらいは採りたいところです。


<2019シーズン産卵セット結果>
×パプキン(ブルー)・・・2/17set →3/24ボウズ
 フキヌキコクワ(B-on)・・・3/17set
○セグーコクワ(中国)(B-on)・・・3/17set →5/26 4頭+2エッグ
○エレコク(スマトラ)(B-on)・・・3/17set →5/26 4頭+1エッグ
 セグーコクワ(ベトナム)(B-on)・・・4/21set
 バージニアコクワ(ドイサッケ)(B-on)・・・4/21set
 ハイチュヌスコクワ(B-on)・・・5/15set
◎トカラコクワ・・・5/18set →6/14 8ニョロ+22エッグ
 ダビディスコクワ・・・5/19set
 アカアシ・・・5/26set
 パプキン(グリーン)・・・5/28set
 ネパールコクワ(B-on)・・・5/31set
 アローコクワ(B-on)・・・5/31set
 ヤマダクワガタ(B-on)・・・5/31set
 エレコク(パラワン)・・・6/2set

<予定>
 セメノウコクワ(♀へのDV)
 ヒマラヤコクワ
 メリアヌスコクワ
 モチヅキコクワ
 ヤクシマコクワ(上甑島)
 フジイスジクワ
 ルフィクルスコクワ(ネグレ)
 オオクワ(神奈川)
 オオクワ(山形)
 サキシマヒラタ
 トカラノコ
 オーベルチュール(♂★)

※2016-2017シーズン 8勝21敗3分 成功率28%
※2017-2018シーズン 22勝17敗 成功率56%
※2018-2019シーズン 21勝14敗 成功率60%
※2019-2020シーズン 3勝1敗 成功率75%



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

飼育レコードならず。台湾産ヤマダクワガタ
本日はちょっと箸休め記事。

3月末に最後の最大個体が羽化した記事を書いた
台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタ。
最終交換時に14.3gと大きかったので
飼育レコードを期待していたのですが、
羽化してびっくり、顎が短く無理やなってね。

その時の画像が以下。
OIMG_20180321_102614.jpg
この時は気づかなかったのですが、
右の顎が開きすぎというか、開きっぱなし
と残念な個体となってしまいました。

ただ、14.3gってかなり期待していたので
きちんと計測はしておこうと思い、先日計測。
ちなみに、前回2015-2016シーズンにブリードした時には
12.4gで62.5mmでした。

で、結論、今回は最終14.3gで
OIMG_20180506_115807.jpg
63.09mmですね。現在の飼育レコードが63.2mmということで
超えるためには63.7mm必要でしたのでまだ遠いです。
顎がもうひと伸びしてくれていれば といったところでしょうか。

なんとか2ペアいますので、次世代でレコード越えを狙います。


クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

ノォォォォー!台湾産ヤマダクワガタ蛹化できず&羽化
2017シーズンの台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタ
決着がつきました。

いまだニョロっていたNo.02がようやく
蛹化の体制に入ったため、よしよしと
思っていましたが、何かおかしい…。
よくよく見てみると
OIMG_20180321_102503.jpg
ノォォォォー!蛹化できずにお★さまに…。
9ニョロのうち4頭が★になるという事態に。
何がいけなかったんでしょ?温度高かった?

と、残念な結果がありつつ、
期待のNo.03 ♂が羽化しました。
OIMG_20180321_102614.jpg
No.03 ♂ 2018年3月18日羽化

こいつは最終交換時14.3gとでかかったので
ちょっと期待していたのですが
御覧の通り、体格はいいものの顎が短い!
これではギネスは無理っすね。
ちょっと期待していただけに残念ですが
★といい、短顎といい、次への課題が
明らかになった感じではあります。

なんとか2ペアいますので、堕ちないように
来年までゆっくりさせようと思います。


<台湾産WF2ヤマダクワガタ管理表(2017年7月16日割出)>
01 ♀: 8/9投入 2.6g →10/21 6.1g →1/26蛹化(蛹化不全) →★
02 ♀: 8/9投入 1.9g →10/21 7.4g →1/27 6.8g →蛹化不全★
03 ♂: 7/30投入 0.7g →10/21 12.8g →1/8 14.3g →2/14蛹化 →3/18羽化
04 -:8/9投入 0.4g ★(成長不良)
05 ♂: 8/2投入 1.3g →10/21 10.3g →12/初 蛹化 →1/10羽化 60.5mm
06 ♀: 8/9投入 1.7g →10/21 5.8g →12/末 蛹化 →1/28羽化
07 ♀: 8/2投入 0.6g →10/21 10.4g →12/29 8.5g →2/4蛹化 →3/2羽化
08 ♀: 8/2投入 0.3g →10/21 7.8g →12/10 7.6g →1/10蛹化 →2/6羽化
09 -: 8/9投入 0.2g →10/21 ★
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

台湾産ヤマダクワガタ ♀羽化したのだが…
台湾 新竹縣 尖石産ヤマダクワガタのネタ。
9頭のうち2頭がニョロで墜ち、1頭が蛹化不全で
墜ちたため、6頭になってしまいましたが、
3月2日に♀が羽化しました。

OIMG_20180303_234717.jpg
No.07 ♀ 2018年3月2日羽化

画像を見てお気付きかと思いますが、
お尻が壊れておりました…。無念です。

そして、先日、最大♂の蛹化をお伝えしていましたが
やはり掘ってしまいました。
OIMG_20180225_163220.jpg
No.03 ♂ 2月14日蛹化

現時点では完璧なので
このまま羽化してもらいたいですね。


<台湾産WF2ヤマダクワガタ管理表(2017年7月16日割出)>
01 ♀: 8/9投入 2.6g →10/21 6.1g →1/26蛹化(蛹化不全) →★
02 ♀: 8/9投入 1.9g →10/21 7.4g →1/27 6.8g
03 ♂: 7/30投入 0.7g →10/21 12.8g →1/8 14.3g →2/14蛹化
04 -:8/9投入 0.4g ★(成長不良)
05 ♂: 8/2投入 1.3g →10/21 10.3g →12/初 蛹化 →1/10羽化 60.5mm
06 ♀: 8/9投入 1.7g →10/21 5.8g →12/末 蛹化 →1/28羽化
07 ♀: 8/2投入 0.6g →10/21 10.4g →12/29 8.5g →2/4蛹化 →3/2羽化
08 ♀: 8/2投入 0.3g →10/21 7.8g →12/10 7.6g →1/10蛹化 →2/6羽化
09 -: 8/9投入 0.2g →10/21 ★



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ