えたくわのクワガタ三昧
幼少の時から憧れていたオオクワガタの他、地元神奈川採集のコクワガタなどの飼育記
全滅…。タイ ファン産アローコクワ
21~23日と山梨県某所に家族で
キャンプに行っていたので更新が。
神奈川オオのニョロを菌糸瓶に投入したり
トカラノコ第二セットの採卵をしたりと
いろいろやってるんですが
キャンプ疲れで書くのが面倒になってしまいました。
ということで、あっさりご報告のみ。

一昨年タイ ファン産アローコクワWD♀持ち腹セットにて
48頭のニョロを得て、20数頭飼育し
いい感じでブリードができたと満足していました。
累代は来春かなということで最大の約63mmを
種親候補に、ちょい羽パカを予備、予備の予備に59mm
と万全の体制でおりましたが、
猛暑の関係からか立て続けに63mm級が2頭
堕ちました…。まぁ、なんとか予備の予備の59mmが
いるからいいやと思ってましたが、
キャンプから帰ってきて確認すると…堕ちてました。

♀もぐったり気味なのでそろそろ
天に召されることでしょう。

終了します…。チーン。


クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
タイ ファン産アローコクワ完了しました
ようやく終わりました。
一昨年の11月3日に産卵セット投入してから
1年3か月。
1月30日に最後の蛹No.29が無事羽化しました。

DSC04299.jpg
まだサイズは測っていませんが
50 mm代の後半でしょう。
こいつは蛹室崩落に伴い
山形産オオクワが作った蛹室に
移していたのですが、
残念ながらキノコ乱立により
人工蛹室に移していました。
綺麗に羽化できているようですね。

これで2015ブリードのタイ ファン産アローコクワは
終了。♂12頭、♀12頭という抜群のバランスでしたね。
30頭のうち2割にあたる6頭が落ちたのは
超反省材料ですが、うち5頭は菌糸組なんですよねぇ。

アローコクワは2017シーズンはブリードせず、
来年2018シーズンで再度チャレンジしたい
と思っています。まずは一安心。

<アローコクワ WF1管理表(1月3日割り出し)>
No.01 ★ (菌糸組)
No.02 ★ (菌糸組)
No.03 ♀ 3/30 5.2g →4/14 蛹化 →5/17羽化 38.0 mm (菌糸組)
No.04 ♂ 7/3 16.3g →11/18蛹化 →12/23羽化 63.5 mm (菌糸組)
No.05 ♂ 8/6 13.2g →11/24蛹化 →12/25羽化 64.5 mm (菌糸組)
No.06 ★ (菌糸組)
No.07 ♀ 5/19 8.1g →7/末 蛹化 →8/19羽化 41.0 mm (菌糸組)
No.08 ♀ 7/31 8.9g →9/22 蛹化 →10/23羽化 44.5 mm (菌糸組)
No.09 ♂ 8/6 11.1g →11/初 蛹化 →12/4羽化 59.0 mm (菌糸組)
No.10 ♀ 3/30 7.3g →5/初 蛹化 →6/5羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.11 ♂ 5/19 11.3g →6/17 蛹化 →7/17羽化 62.0 mm (菌糸組)
No.12 ♀ 4/30 7.7g →7/26 蛹化 →8/21羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.13 ♂ 5/19 13.4g →9/5 蛹化 →10/4羽化 65.0 mm (菌糸組)
No.14 ★ (菌糸組)
No.15 ♀ 7/31 7.9g →10/18 蛹化 →11/17羽化 41.5 mm (菌糸組)
No.16 ★ (菌糸組)
No.17 ♀ 3/22 7.9g →5/26 蛹化 →6/22羽化 35.0 mm (マット組)
No.18 ♂ 3/26 10.1g →7/7 蛹化 →8/3羽化 50.5 mm (マット組)
No.19 ♂ 7/31 8.9g →9/4 蛹化 →9/30羽化 50.0 mm (マット組)
No.20 ♀ 8/2 5.9g →10/3 蛹化 →10/30羽化 38.5 mm (マット組)
No.21 ♂ 7/31 9.7g →12/4 蛹化 →1/4羽化 58.5 mm (マット組)
No.22 ♀ 8/6 6.6g →10/15 蛹化 →11/13羽化 39.0 mm (マット組)
No.23 ♀ 7/31 5.9g →9/19 蛹化 →10/17羽化 38.5 mm (マット組)
No.24 ♀ 3/22 6.2g →6/末 蛹化 →7/末羽化 33.0 mm (マット組)
No.25 ♀ 7/31 6.0g →9/13 蛹化 →10/11羽化 38.5 mm (マット組)
No.26 ♂ 7/31 10.2g →11/4 蛹化 →12/5羽化 54.0 mm (マット組)
No.27 ♂ 3/26 11.2g →7/14 蛹化 →8/11羽化 47.0 mm (マット組)
No.28 ♂ 7/31 9.2g →9/18 蛹化 →10/21羽化 52.0 mm (マット組)
No.29 ♂ 8/2 10.1g →1/1 蛹化 →1/30(マット組)
No.30 ★ (マット組)
※♂ 12頭、♀ 12頭 羽化済み
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
タイ産アローコクワ No.29 救出
残りは蛹1頭のみとなった
タイ ファン産アローコクワ。

最後の蛹となるNo.29を確認してみると
崩落…。
マットが乾燥し、蛹室が崩れておりました。

ということで、人口蛹室に移設と思ったのですが
オオクワに使っている既製品の人口蛹室は大きすぎ
スタック エス ケースにいれたオアシスでは小さすぎ
だったので、先日蛹化していた山形産オオクワの
露天蛹室を活用することにしました。
DSC04191.jpg
若干大きいですが問題ないでしょう。

その他、スペース確保のために
12月25日に羽化したNo.05の掘り出しを実行。

うぅ、羽パカか…。
DSC04162.jpg
無念。胸部にディンプルもありますね。
なんとなく大きかったので計測してみると
64.5 mm と No.13 の65.0 mmに次ぐ大きさ。
残念ですねぇ。


<アローコクワ WF1管理表(1月3日割り出し)>
No.01 ★ (菌糸組)
No.02 ★ (菌糸組)
No.03 ♀ 3/30 5.2g →4/14 蛹化 →5/17羽化 38.0 mm (菌糸組)
No.04 ♂ 7/3 16.3g →11/18蛹化 →12/23羽化 63.5 mm (菌糸組)
No.05 ♂ 8/6 13.2g →11/24蛹化 →12/25羽化 64.5 mm (菌糸組)
No.06 ★ (菌糸組)
No.07 ♀ 5/19 8.1g →7/末 蛹化 →8/19羽化 41.0 mm (菌糸組)
No.08 ♀ 7/31 8.9g →9/22 蛹化 →10/23羽化 44.5 mm (菌糸組)
No.09 ♂ 8/6 11.1g →11/初 蛹化 →12/4羽化 59.0 mm (菌糸組)
No.10 ♀ 3/30 7.3g →5/初 蛹化 →6/5羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.11 ♂ 5/19 11.3g →6/17 蛹化 →7/17羽化 62.0 mm (菌糸組)
No.12 ♀ 4/30 7.7g →7/26 蛹化 →8/21羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.13 ♂ 5/19 13.4g →9/5 蛹化 →10/4羽化 65.0 mm (菌糸組)
No.14 ★ (菌糸組)
No.15 ♀ 7/31 7.9g →10/18 蛹化 →11/17羽化 41.5 mm (菌糸組)
No.16 ★ (菌糸組)
No.17 ♀ 3/22 7.9g →5/26 蛹化 →6/22羽化 35.0 mm (マット組)
No.18 ♂ 3/26 10.1g →7/7 蛹化 →8/3羽化 50.5 mm (マット組)
No.19 ♂ 7/31 8.9g →9/4 蛹化 →9/30羽化 50.0 mm (マット組)
No.20 ♀ 8/2 5.9g →10/3 蛹化 →10/30羽化 38.5 mm (マット組)
No.21 ♂ 7/31 9.7g →12/4 蛹化 →1/4羽化 (マット組)
No.22 ♀ 8/6 6.6g →10/15 蛹化 →11/13羽化 39.0 mm (マット組)
No.23 ♀ 7/31 5.9g →9/19 蛹化 →10/17羽化 38.5 mm (マット組)
No.24 ♀ 3/22 6.2g →6/末 蛹化 →7/末羽化 33.0 mm (マット組)
No.25 ♀ 7/31 6.0g →9/13 蛹化 →10/11羽化 38.5 mm (マット組)
No.26 ♂ 7/31 10.2g →11/4 蛹化 →12/5羽化 54.0 mm (マット組)
No.27 ♂ 3/26 11.2g →7/14 蛹化 →8/11羽化 47.0 mm (マット組)
No.28 ♂ 7/31 9.2g →9/18 蛹化 →10/21羽化 52.0 mm (マット組)
No.29 ♂ 8/2 10.1g →1/1 蛹化 (マット組)
No.30 ★ (マット組)
※♂ 11頭、♀ 12頭 羽化済み、♂1頭、♀0頭 蛹
※残ニョロ 0頭
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
ついに残蛹1頭のみ。タイ産アローコクワ
ついに最後のニョロが蛹化しました。
昨年1月3日に割り出してから約1年。
最初に羽化したのは5月ですから
実に半年以上羽化時期がずれてますね。
でも、前述の通り最後のニョロが蛹化し、
その他の蛹が羽化しましたので
これが最後です。

ということで最後の蛹の画像
DSC04136.jpg
No.29 ♂ 2017年1月1日蛹化
うっすらと顎が見えると思います。

そして、先日No.21が羽化しましたのでご紹介。
DSC04158.jpg
No.21 ♂ 2017年1月4日羽化
って、お尻しか見えないじゃん!

最後は最重量個体の体長。
ニョロ時最重量の16.3 gあったので
期待していたのですが、羽化した姿は
どうもあまりでかくない…。
DSC04140.jpg
まぁ、恐る恐る図ってみると
63.5 mm しかない…。
ということで、最長はNo.13 の65.0 mmかな。
一応、まだ図っていない個体がいますので
暫定一位にしてはおきますが
抜けないでしょう。

最後の♂が羽化できたら、
なんと♂11頭、♀11頭という最高のバランス。
でも、30頭いて、20%の6頭堕ちるってのは
まずいよね。次世代は頑張らんと。


<アローコクワ WF1管理表(1月3日割り出し)>
No.01 ★ (菌糸組)
No.02 ★ (菌糸組)
No.03 ♀ 3/30 5.2g →4/14 蛹化 →5/17羽化 38.0 mm (菌糸組)
No.04 ♂ 7/3 16.3g →11/18蛹化 →12/23羽化 63.5 mm (菌糸組)
No.05 ♂ 8/6 13.2g →11/24蛹化 →12/25羽化 (菌糸組)
No.06 ★ (菌糸組)
No.07 ♀ 5/19 8.1g →7/末 蛹化 →8/19羽化 41.0 mm (菌糸組)
No.08 ♀ 7/31 8.9g →9/22 蛹化 →10/23羽化 44.5 mm (菌糸組)
No.09 ♂ 8/6 11.1g →11/初 蛹化 →12/4羽化 59.0 mm (菌糸組)
No.10 ♀ 3/30 7.3g →5/初 蛹化 →6/5羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.11 ♂ 5/19 11.3g →6/17 蛹化 →7/17羽化 62.0 mm (菌糸組)
No.12 ♀ 4/30 7.7g →7/26 蛹化 →8/21羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.13 ♂ 5/19 13.4g →9/5 蛹化 →10/4羽化 65.0 mm (菌糸組)
No.14 ★ (菌糸組)
No.15 ♀ 7/31 7.9g →10/18 蛹化 →11/17羽化 41.5 mm (菌糸組)
No.16 ★ (菌糸組)
No.17 ♀ 3/22 7.9g →5/26 蛹化 →6/22羽化 35.0 mm (マット組)
No.18 ♂ 3/26 10.1g →7/7 蛹化 →8/3羽化 50.5 mm (マット組)
No.19 ♂ 7/31 8.9g →9/4 蛹化 →9/30羽化 50.0 mm (マット組)
No.20 ♀ 8/2 5.9g →10/3 蛹化 →10/30羽化 38.5 mm (マット組)
No.21 ♂ 7/31 9.7g →12/4 蛹化 →1/4羽化 (マット組)
No.22 ♀ 8/6 6.6g →10/15 蛹化 →11/13羽化 39.0 mm (マット組)
No.23 ♀ 7/31 5.9g →9/19 蛹化 →10/17羽化 38.5 mm (マット組)
No.24 ♀ 3/22 6.2g →6/末 蛹化 →7/末羽化 33.0 mm (マット組)
No.25 ♀ 7/31 6.0g →9/13 蛹化 →10/11羽化 38.5 mm (マット組)
No.26 ♂ 7/31 10.2g →11/4 蛹化 →12/5羽化 54.0 mm (マット組)
No.27 ♂ 3/26 11.2g →7/14 蛹化 →8/11羽化 47.0 mm (マット組)
No.28 ♂ 7/31 9.2g →9/18 蛹化 →10/21羽化 52.0 mm (マット組)
No.29 ♂ 8/2 10.1g →1/1 蛹化 (マット組)
No.30 ★ (マット組)
※♂ 11頭、♀ 12頭 羽化済み、♂1頭、♀0頭 蛹
※残ニョロ 0頭
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ
最重量なんとか羽化。タイ産アローコクワ
以前からお伝えしている
タイ ファン産アローコクワ最重量個体である
No.04 ♂が12月23日に羽化いたしました。

DSC04095.jpg

なんとか上翅もしまり、下翅も収まりましたが
ここに来るまでには結構ヘルプしました。
まず、朝7時ごろに羽化しそうな動きを始めましたが
10時ごろでしたかね?確認したところ、
上翅を伸ばす段階ですっ転んでました。
慌てて起こしましたが、右の上翅が伸びず
ひやひや。なんとか綺麗に伸びてくれました。
その後もどうも不安定で、下翅を伸ばしている
途中でもひっくり返ってしまい、
もう半ばあきらめていましたが
なんとかそれなりの成虫になったと思います。
まぁ、そんな状態なのでどの程度生きてくれるか
わかりませんが…。

その他は12月初旬に羽化した個体を
スペース確保のために掘り出しました。
ゆっくりさせてあげられずごめんよ。

12月4日羽化のNo.09 59.0 mm ♂
DSC04099.jpg

12月5日羽化のNo.26は 54.0 mm ♂(画像なし)

で、前回残り3ニョロとお伝えしましたが
なんかおかしいなとNo.06を掘ったところ
ニョロのまま黒くなってました…。

また、No.30は幼虫の皮が脱げず蛹化不全で
★になりました。

ということで、ニョロはNo.29のみ。
蛹はNo.05と21ですね。
いよいよもう少しで終わりですね。
最後まで気を抜かず楽しみたいと思います。


<アローコクワ WF1管理表(1月3日割り出し)>
No.01 ★ (菌糸組)
No.02 ★ (菌糸組)
No.03 ♀ 3/30 5.2g →4/14 蛹化 →5/17羽化 38.0 mm (菌糸組)
No.04 ♂ 7/3 16.3g →11/18蛹化 (菌糸組) →12/23羽化(菌糸組)
No.05 ♂ 8/6 13.2g →11/24蛹化 (菌糸組)
No.06 ★ (菌糸組)
No.07 ♀ 5/19 8.1g →7/末 蛹化 →8/19羽化 41.0 mm (菌糸組)
No.08 ♀ 7/31 8.9g →9/22 蛹化 →10/23羽化 44.5 mm (菌糸組)
No.09 ♂ 8/6 11.1g →11/初 蛹化 →12/4羽化 59.0 mm (菌糸組)
No.10 ♀ 3/30 7.3g →5/初 蛹化 →6/5羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.11 ♂ 5/19 11.3g →6/17 蛹化 →7/17羽化 62.0 mm (菌糸組)
No.12 ♀ 4/30 7.7g →7/26 蛹化 →8/21羽化 39.5 mm (菌糸組)
No.13 ♂ 5/19 13.4g →9/5 蛹化 →10/4羽化 65.0 mm (菌糸組)
No.14 ★ (菌糸組)
No.15 ♀ 7/31 7.9g →10/18 蛹化 →11/17羽化 (菌糸組)
No.16 ★ (菌糸組)
No.17 ♀ 3/22 7.9g →5/26 蛹化 →6/22羽化 35.0 mm (マット組)
No.18 ♂ 3/26 10.1g →7/7 蛹化 →8/3羽化 50.5 mm (マット組)
No.19 ♂ 7/31 8.9g →9/4 蛹化 →9/30羽化 50.0 mm (マット組)
No.20 ♀ 8/2 5.9g →10/3 蛹化 →10/30羽化 38.5 mm (マット組)
No.21 ♂ 7/31 9.7g →12/4 蛹化
No.22 ♀ 8/6 6.6g →10/15 蛹化 →11/13羽化 (マット組)
No.23 ♀ 7/31 5.9g →9/19 蛹化 →10/17羽化 38.5 mm (マット組)
No.24 ♀ 3/22 6.2g →6/末 蛹化 →7/末羽化 33.0 mm (マット組)
No.25 ♀ 7/31 6.0g →9/13 蛹化 →10/11羽化 38.5 mm (マット組)
No.26 ♂ 7/31 10.2g →11/4 蛹化 →12/5羽化 54.0 mm (マット組)
No.27 ♂ 3/26 11.2g →7/14 蛹化 →8/11羽化 47.0 mm (マット組)
No.28 ♂ 7/31 9.2g →9/18 蛹化 →10/21羽化 52.0 mm (マット組)
No.30 ★ (マット組)
※♂ 9頭、♀ 12頭 羽化済み、♂2頭、♀0頭 蛹
※残ニョロ 1頭
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ