FC2ブログ
えたくわのクワガタ三昧
幼少の時から憧れていたオオクワガタの他、国内外のコクワガタなどの飼育記
ミャンマー産フキヌキコクワ産卵セット投入
昨年、WD♀単を入手し、ブリードした
ミャンマー チン州チンヒル産フキヌキコクワ。
正直、あまり人気がある種ではないので
これで撤退しようかと思ったのですが
そこそこのサイズで出てきたんですよね。

OIMG_20200129_235958.jpg
※すんません前の画像の使いまわしで、
  しかも羽化してすぐなので結構赤いですが
  実際はここまで赤くないです…


だいたい54くらいででてきたのでまずまず
見れた感じになってました。
まぁ、不人気の原因はこの微妙に短い顎
のせいではないかと思いますが…

で、なぜかなぜか
OIMG_20200511_220644.jpg
 種名:フキヌキコクワガタ(Dorcus fukinukii)
 種親:WD ♀36.0 mm
 産地:ミャンマー チン州チンヒル
 時期:2020年5月11日セット
 内容:グリードSL産卵ケース


さすがにもうタネがないかもしれませんが
ちょっと追加できれば儲けもんって感じかな。

ほんと、セット組む気なんかなかったんですよ。
シネンシス・コンコロール用に用意してあった
グリードSL産卵ケース、コンコロールがなかなか
うまく交尾ができなかったのでついつい…。


<2020シーズン産卵セット結果>
○メリディオナリス(25)・・・2/22set →4/24 11ニョロ
○メタリ(sangirensis)・・・2/22set →5/1 16ニョロ+2エッグ
・フォルスターフタマタ(原名)・・・3/8set
・フジイスジ・・・3/13set
・パプキン・・・3/24set
・アローコクワ(lien)・・・3/26set
・シネンシス(原名)・・・4/1set
○フォルスターフタマタ(原名 75*42)・・・4/12set →5/17 1ニョロ
・ビシグナートゥスコクワ・・・4/12set
・モチヅキコクワ・・・4/12set
・メリディオナリス(22)・・・4/24set
・メリアヌスコクワ・・・5/1set
・セグーコクワ ※ベトナム・・・5/9set
・フキヌキコクワ・・・5/11set

<予定>
・シネンシス(concolor) 相性悪い?⇒交尾できた!
・ネパレンシス ※トゥリスリ ※♂★
・カチンコクワ ※ペアリングしたか記憶なし。♂は★
・セグーコクワ ※中国
・バージニアコクワ ※ドイサケット
・ペイロニスコクワ 起きない…
・マンディブラリス ※サバ 起きない…
・オオクワ ※山形
・オオクワ ※神奈川 ?
・ヤクシマコクワ
・サキシマヒラタ
・スジブトヒラタ
・トカラノコ ※悪石


※2016-2017シーズン 8勝21敗3分 成功率28%
※2017-2018シーズン 22勝17敗 成功率56%
※2018-2019シーズン 21勝14敗 成功率60%
※2019-2020シーズン 24勝20敗 成功率55%
※2020-2021シーズン 3勝 成功率100%



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

ミャンマー チンヒル産フキヌキコクワ ♂ も羽化
毎度毎度、人気がないと書き綴ってしまい
ちょっと申し訳ないことをしているなと
思っているフキヌキコクワガタ。

先日、♀の羽化はご報告しましたが、
♂は4頭すべて羽化してきたのでご報告。

羽化して10日程度なので早いんですが
掘り出しちゃいました。
OIMG_20200129_235958.jpg
No.01 フキヌキコクワガタ ♂ 2020年1月20日頃羽化

まだ赤いですね。
もっと黒くなりますが、上翅はやや赤身がのこるはず。
サイズは以前飼育したときより大きくなり
だいたい54mmチョイって感じでなかなかでした。
BEKUWA飼育レコードは55.1mm。
更新するには+0.5mmということで55.6mm。
正直いけないこともない数字というか、
おそらく申請していない人がごろごろいるな
という感じですね。どこかで56mmのフキヌキを
見たことがあるような気がしますし…。


<フキヌキコクワガタ管理表 2019年8月24日割出>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

ミャンマー チンヒル産フキヌキコクワ ♀ 羽化
人気がないコクワの代表格ではないか?と思う
フキヌキコクワガタの♀が羽化しましたのでご報告。

今回、ニョロは8頭だけ残し、あとは旅立ってもらってますが
うまいこと♂×4、♀×4となっています。

そして、♂は全頭蛹化済みでもうすぐ羽化のタイミング、
♀はすでに3頭が羽化。なぜか1頭だけニョロってます。

ということで、1月初旬に羽化した1頭をご紹介。
OIMG_20200119_214653.jpg
No.06 フキヌキコクワガタ ♀ 2020年1月初旬羽化

若干赤みがあって、綺麗ではありますが
アローコクワのような艶やかさ、麗しさはないです。
♂をみると残念さが伝わってくると思いますが
顎がそれほど長くなりません。あ、短すぎるわけでなく
中途半端な感じですかね。

DSC02748.jpg
古い画像ですがこんな感じ…

まぁ、完品で羽化したことがGood!ということで
残りも頑張ってもらいます。
もうちょっと顎が長ければ違ったのかな?


<フキヌキコクワガタ管理表 2019年8月24日割出>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

相変わらず早いです。ミャンマー産フキヌキコクワ蛹化
どうも私はじっくり飼育することができないようで
ちょっぱやで皆さん蛹化していきます…。

11月中旬に瓶交換したミャンマー チンヒル産の
フキヌキコクワガタが蛹化/蛹化態勢に入りました。
要するに瓶交換してすぐに蛹室を作り始め
蛹化しているということ。
一生懸命、菌糸詰めたのに…。

OIMG_20191211_181717.jpg
No.05 フキヌキコクワガタ ♀ 2019年12月初旬 蛹化
瓶交換したのが11月15日ですからもったいないの一言…。

OIMG_20191211_182542.jpg
No.02 フキヌキコクワガタ ♂ 蛹室作成済み

全8頭おりますが、すべて蛹室は作り終えておりますので
12月中にすべて蛹化、1月には羽化ですね。
これではサイズは望めませんが、完品を願うのみ。

<フキヌキコクワガタ管理表 2019年8月24日割出>
※詳細は管理表を参照



で、本日は着弾が。
OIMG_20191215_094449.jpg
同市内から美味しい美味しい里芋が!

OIMG_20191215_094856.jpg
そして、ちょっと北のほうからこんなヘルプも!

私、タカリ?


クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ

ミャンマー チンヒル産フキヌキコクワ瓶交換
さぁ、皆さんにとって面白くもない
よくわからないコクワの瓶交換ネタが続いてます。
コクワネタが続くとアクセス数はかなり減る傾向があり
やっぱりオオクワとかその他の種ってすごいなって
思うところです。

ま、そうはいっても私はコクワ好きなので
メインはコクワ系で。

で、おそらく今までで一番人気がないのではないか?
というフキヌキコクワの瓶交換ネタ。
DSC02748.jpg
こいつは2016年に飼育していたインド マニプール産で
45.0mm F3 ♂ です。顎が短いのが不人気の元凶でしょうか?

11月15日に8頭一気にいきました。
OIMG_20191115_191512.jpg
No.01 フキヌキコクワガタ ♂ 2019年11月15日 9.8 g

こいつが最大。
あれ?なんか気持ちでかい?と感じたので
2016年飼育時の記録を確認したところ
2本目への交換時最大が8.9 gで、48.5mm。
でも、一番大きなサイズは6.9gからの49.9mmと
よくわからないですね。でも、その時より大きいです。

フキヌキも実は意外と大きくなる種で、
飼育レコード 55.1mm、野外最大は57.5mmなんで
もっと伸びが必要です。
伸ばすために本来であればせめて800ccに
入れてあげたいところでしたが、スペースの都合上
500ccに投入なので期待薄。

多分この種、大きくなっても人気でないでしょうから
こんなもんでいいかな。趣味の世界ですね…。


<フキヌキコクワガタ管理表 2019年8月24日割出>
※詳細は管理表を参照



クワ好きのブログがたくさん見れます。ポチっと!
にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村


クワガタ ブログランキングへ